自己理念『自分らしい生き方が実現できる社会をつくる』

LINEで送る
Pocket

僕が考える自分らしい生き方ってのは、自分の好きなことが好きな時に出来る状態になること。

会社員をしていると、飲み会では愚痴が多かったり、周りのサラリーマンがつらそうな顔して働いている。毎日満員電車に乗って、会社に行って、週末が近づくとテンションが上がり、日曜になると憂鬱になる。

それでも、頑張って働いている。

正直、そんな人も多いのかなと思います。
そんな状態よりも、周りの人が自分の好きなことをやっていたら、もっと楽しいだろうなと思う。

僕は、将来普通にサラリーマンで終わりたくないし、起業して自分で何か創りたいと漠然と考えていた。やっぱり、一企業の1人となるよりも、自分で作ってトップにいたいなと思っている。

だけど、今までは本を読むぐらいで何も行動していなかったし、全然先が見えていない状態だった。

今は、やっとゴールに向かって走れるようになったという状態。

じゃあ、学生時代は何をしていたかというと、
授業中はちゃんと授業を受けるか、本を読むか、ゲームをする。
空いている時間は、バイトを入れて、さらに空いている時間は、友達と遊ぶかウィンドウショッピング。
この生活をぐるぐる回していたって感じだったと思う。
そこで、就職活動という時期になって初めて、自分の人生について考え始めた。

けど、何がしたいのか全然わからない。何も決められない状態になっていた。
僕は、今までどちらかというと人に合わせて生きていた。

特に学生時代に必死に打ち込んだものなどなく、ただ流されるように生きていたと思う。

そんな状態だったから、自分の好きなことを考えても上手く出てこない。
なんとなく興味を持った企業の説明会に行き、エントリーしていくけど、こんな中途半端なことをしていた自分が受かるはずもなく、内定をもらえない状態が続く。
夏休みに入り、まだ内定をもらっていないというコンプレックスで引きこもる。自己啓発書やビジネス書を読んだり、ひたすら映画を見て、将来の自分について考えていた。
しかし、奨学金という借金に気づき、働かないとヤバイと思い、就活を再開する。
大学4年の1月というギリギリの時期に、本社が地元だからというだけで受けた機械メーカーの営業職に内定をもらう。

正直、機械に興味もないし、この業界にも興味がない。働きながら、なんで自分はこんなことしてるのだろうか?と思う日々が続いていた。将来は自分で何かしたいとか考えていたけど、何も行動していなかった。
転職も考え、転職エージェントに相談に行く。そこでは、最低1年、できれば3年は働けといわれる。東京転勤が決まったため、環境が変われば何か変わるかもしれないということで、そのまま働き続ける。

東京転勤というきっかけができたため、将来漠然と起業したいと思っていたこともあり、行動し始めた。そんな時、様々な出会いの中で、一番衝撃を受ける出会いをする。

その人は、24歳で上場企業の経営者と組んで起業をし、大手ファッションブランドやスポーツブランドのコンサルタントをしていた人からノウハウを学んで、新規事業を始めようとしていました。

その人の話を聞いていると、今までいろんな本を読んできていたけど、起業をするための知識が全然ないことに気づき、今までは本当に何もしてないなと思い知らされる。

正直、内定も全然もらえないような中途半端な自分ではあったが、この人についていけば自己実現に近づけると感じ、仕事以外の時間をほとんど勉強に費やしていた。
そうしていると、新規事業を立ち上げたばかりということもあり、その努力と飲み込みの早さを評価され現在は一緒に仕事ができるようになった。

その人と一緒に仕事をしていると本当に楽しそうだし、自分のしたいことをしている。

僕が送っている社会人の生活というのは、毎朝決まった時間に満員電車に乗り、残業で遅くまで働き、家に帰ってご飯を食べて寝る。
そんなルーティン生活を平日は過ごす。土日ぐらいしか自分の時間はない。

その経営者は、特に決められた時間に働くというのではない。自由なライフスタイルを送っている。

会社の仕事が、最高に楽しい人であればそれでいいのだけれど、自分がしたい仕事なんてそんな簡単にできないと思う。就職氷河期と言われていた時代なんで、とりあえず就職したって人も多いんじゃないかな?僕もとりあえず就職した内の1人だから。

でも、人生の半分以上は、仕事になる。それじゃあ、その半分以上がつまらない時間だったらどう思いますか?
僕は、絶対嫌だと思うし、もっと楽しい人生を送りたいなと思う。というか、人生ってそうあるべきだと思っている。

でも、現実はそんなに甘くはない。
自分のしたいことをしたいなら、それなりのポジションにならないといけない。
日本や世界のほとんどは資本主義社会であって、ピラミッド型なので当然トップ層でないとしたいことってできない。だって、パートとかバイトがしたいことしてたら、トップはクビにしますよね?
平社員でもトップの言うことを聞かないとリストラされるのが普通だと思う。

だから、自分らしく生きるためには力をつけないといけないなと思います。

その経営者は、僕が思う自分らしい生き方を実現している人で、そんな風に生きていきたいと思う人でした。自己実現したいなら、トップになるしかない。とその人は言っていたけど、本当にそうだと思う。やっぱり好きなことを仕事にしている人は、人生も楽しそうだし、精力的に行動している人がほとんどだと思います。

やっぱり、自分のしたいことが実現できるようになる人生の方が絶対楽しいと思うし、
周りにはそういう人しかいない環境になれば、面白いなあと思っている。

自分のように、今まで中途半端に生きてきたけど、将来に不安を持っている人。
このままではいけないと思い、自分を変えたいと本気で思っている人。
僕は、そういう人達に行動するきっかけと結果を与えていきたいと思います。

そうやって「自分らしい生き方が実現できる社会」をつくっていけたらいいなと思っています。

ここまで読んでくれてありがとうございます!

僕の考えに共感を持ってくれた人、興味のある方は、コメントかメールしてください(^^)
※お名前・年齢・興味を持った理由(任意)を記載してください。

mail:aidproject427@gmail.com


公開日:
最終更新日:2017/03/21

work
20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。
社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。
若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。
そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

nihondensan
営業マン必見のビジネス書!日本電産流V字回復経営の教科書

久しぶりにブログかいてます。 今回紹介する本は、「日本電産流V字回復の経営」です。 この本は、50数社のM&Aをしている日本電産がなぜ赤字会社

MIIDAS
転職マッチングサービス「MIIDAS(ミイダス)」を使ってみた

最近転職系のサービスを調べていたら、いろいろとサービスがあったので、
レビューを書いていこうかと思います。
今回は、株式会社インテリジェンスが提供している「MIIDAS」
『あなたの本当の価値を見いだす』
と、オヤジギャグ的なキャッチコピーです(笑)

failure
失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

o2o-payment
O2Oで買い物体験は変わるのか!?来店ポイントアプリを調べてみた。

お買い物は好きですか? 来店するだけでポイントが貰えるということで、一時話題にもなった来店ポイント型アプリ。 その来店ポイントをベースに様々なビジネス