GoogleやAmazonを生んだ教育方法!成功者を生み出す、モンテッソーリ教育とは?

      2014/08/31

LINEで送る
Pocket

最近少し更新できてませんでしたが、
目標の月10更新を目指して、ブログを書いていきます(^^)

あまりきちんと書いていなかったのですが、
教育について興味を持っていまして、最近はいろいろと調べたりしています。

なんで興味を持っているのか?ということは、また後日書きますが、
僕は「なぜ、日本はこんな教育なんだろうか」と思うことが多くあります。

僕が感じている、というか受けてきた教育ってのが、本当に受け身だけの教育。
先生が前で授業を行い、それを聞いてノートに取るだけ。発表と言っても当てられた答えを言うぐらい。

その時の勉強って、テストのための勉強であったり、受験のための勉強でしかなかった。
正直、授業はつまらないし、たいした記憶にも残っていない。
好きな教科で、点数が取れたら楽しかったけど、これってやらされている教育だなと感じました。

今回紹介するモンテッソーリ教育ってのは、自発的に行う幼児向けの教育方法。
なので、何か与えられたことをただするのではないし、先生がただ教えるだけのような教育でもない。
「自分がやりたい」と思ったことを自らの意思で勉強をしていく方法なのです。

モンテッソーリ教育を受けてきた天才達

名称未設定.001
この教育を受けた起業家が多く、題名にもあるGoogle創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、Amazon創業者のジェフ・ベゾスもモンテッソーリ教育を受けていました。

それでは、簡単にモンテッソーリ教育出身者の一覧を

・ラリー・ページとセルゲイ・ブリン(Google創業者)
・ジェフ・ベゾス(Amazon創業者)
・マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)
・ジミー・ウェールズ(Wikipedia創業者)
・P.F.ドラッカー(経営学者)
・バラク・オバマ(米国大統領)
・クリントン夫妻(元米国大統領と国務長官)
・ジョージ・クルーニー(俳優)
・ウィリアム王子とハリー王子(英国王室)
・アンネ・フランク(アンネの日記)
・キャサリン・グラハム(実業者、ピュリッツァー賞作家)
・ガルシア・マルケス(ノーベル文学賞作家)
・ウィル・ライト(シミュレーションゲーム『シムシティ』で知られるゲームクリエイター)
(引用:GoogleやAmazon、Facebook創設者も――成功者が皆受けた『集中力』教育プログラム

ビジネス、政治、科学、文学とさまざまな分野で才能を発揮した、まさにトップ1%の天才たちばかりです。

これほどの天才達を輩出してきたのですから、これは見習わないといけないですよね。

モンテッソーリ教育は、幼児向け教育と言われていますが、考え方を変えるきっかけとして活用してほしいです。
年を取れば取る程、考え方は変えにくいとは思いますが、この教育で大事なのが「自発的に行うこととやり遂げること」なので、大人でも必要な能力だと思います。

今後の日本の教育、もしくは自分の家庭の教育や自分の考え方に参考としたいですね。

モンテッソーリ教育とは何なのか?

montessori

イタリア最初の女性医学博士の1人であるマリア・モンテッソーリがローマ大学卒業後、
障害児の治療教育に携わり、実験心理学、教育学を研究。
「障害児と取り組み始めた当初から、私が用いている方法は、障害のある子どもの教育だけにとくに限定されるものではない、と感じていました」と、マリアは書いており、障害児に用いた教育法を健常児にも適応する機会が訪れた。
1971年1月、ローマ不動産協会が貧困層向けのアパートに保育施設を設け、マリアが監督・指導を勤める『子どもの家』(現在ではモンテッソーリ教育を実践する幼児教育施設をいう)が誕生。

『子どもの家』はこうして生まれ、そこでの実践から生まれたのが「モンテッソーリ教育法」です。

自律した子どもを育てる方法とは?

モンテッソーリ教育の基本的な考えとして、「子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」というものがあります。

目的は、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てる」こと。

このような目的自体、今まで受けて来た教育とは違うなと思います。
幼稚園の教育とかは覚えてないのですが、様々な年代と交わらせることで、成長速度も上がるだろうし、大人がやってることよりも少し上のお兄ちゃんとかがやってることの方が興味を持ちやすい。そのため、興味を持ち、集中しやすい環境も作りやすいのかなと思います。

モンテッソーリ教育プログラム

基本的にモンテッソーリ教育では、先生から「これやりなさい」と作業をさせることはなく、自らの意思で「やってみたい」と言ってこないとやらせない仕組みを作っています。
また、先生が声でやり方を説明することもありません。子どもたちの目の前で、1つ1つの動きを分解して見せるのです。子どもたちは、それを理解しようと真剣なまなざしで先生の動きを追います。

そして、自分の頭で考え、手足あるいは指先を動かして、先生に提示された見本と同じようなことができるまで、何度も、何度も、納得のいくまで続けます。

子どもたちは、この作業に集中し始めます。そして、納得のいくまで続けさせ、自分が満足すれば終了となります。
始めるときも自分で決めて、止めるときも自分で決めさせます。そうやって、自分の能力を100%出しきった貴重な体験として脳に刻んでいきます。

細かいプログラムは、ここで書いても長くなるだけなので、
興味がある人は「モンテッソーリ教育」で検索してください。笑

モンテッソーリから、僕が思う教育と自己実現について

親にもなってないやつが言うな!って思うかもしれませんが、まあ一意見として書いておきます。笑
気に食わなければ、好きなだけ反論してください。笑

モンテッソーリ教育のやり方ってのは、
よく親がやってしまいがちな、自分がなりたい子を育てるやり方とは違い、
親の役目は子どもの自由を保障し、好きなことをやらせてあげることだとで、創造的に成長していくと僕も思います。

日本ではありがちな「やらせる教育」(ピアノとか塾などのように親が言うからやるみたいな)。
そんな教育では、子どもは言われたことをこなすだけの受け身人間になってしまい、「自分のやりたいこと」よりも「親が望んでいる」進路を選ぶようになってしまいます。というか、そうしないといけないという思考になってしまいます。

良い大学に行って、良い企業に入るか公務員になる。そういう道に行けば、親が喜んでくれる。

確かにそうなのかもしれないけど、それって本質からズレているのでは?

僕が思うに、
『親の一番の幸せは、子どもが幸せで居てくれること』

本質はそうなんじゃないかと思います。

だったら、自分の人生について親の意見に左右されるというのも間違っていると思います。
親が言ったからできない
そうじゃなくて、自分が本当にやりたいのであれば、それは無視してもいいと思う。

親にとって、知らない世界というのは不安でしかない。それか、自分の経験でしか語れないから心配になってしまう。
だから、「安定」と言われている分野に所属してほしいという欲求があるのだと思う。

でも、それに従って「本当に自分がしたいこと」ができない人生ってのは、僕は幸せじゃないと思う。
もっと自分らしく、自分の人生を生きていいのではないかと思います。

そして、もし親の言うことが絶対。それに従うしかないという人生を送ってしまうってのは、すごいリスクにもなる。

それはなぜかというと、自分で考える力が無くなるから。

自分で考える力が無くなる(思考停止)状態になってしまうと、人から言われたことしか出来なくなる。
自分でやることは全て不安。だから言われたことしかやらない。
何がやりたいと言われても、今まで人に言われたことをしてきたのだから、何がしたいのかもわからない。

こういう思考停止状態になると、1番危険だと思う。

幸い、僕の場合はなんとか自分のやりたいことを見つけられるようになった。
でも、やっぱり結構思考停止していた期間もある。今だって完全にしたいことができているわけじゃないし。

それでも、僕は「自分らしい生き方が実現できる社会をつくる」という理念を持つようになり、
自分のしたいことができるように準備を進めている。

まだ、自分がやりたいことが分からない人は、是非考えるようにしてほしい。
自分1人で考えるのではなく、第三者に相談して、いろいろと掘り出してもらうのが一番です。

もっと、多くの人に「自分らしい生き方」をしてほしいと思う。

だからこそ、このモンテッソーリ教育ってのはすごく興味があるし、子どもの頃に受けたかったなと思う。

だって、GoogleやAmazon、Facebookの創業者とかオバマ大統領やドラッカーが受けてる教育とか。。。

本当にこれを知った親のもとに生まれる子どもが羨ましいです(>_<)

後悔しても、意味がないので次世代の優秀な人材のために、もっと良い教育システムを作れるようになりたいし、
気軽に多くの人が自己実現できるような環境が作れば最高だなと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございます。
もし、反論や共感できる部分・応援メッセージ(笑)があれば、
気軽にメールやコメント、Facebookやツイッターでメッセージを送ってください。

<参考書籍 PR>
グーグル ネット覇者の真実
ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者
フェイスブック 若き天才の野望

    いつもシェアありがとうございます!
    Like Like
フォローすれば更新情報を受け取れます!
follow us in feedly

スポンサーリンク

  関連記事

failure

失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

title

デザインとは何なのか?~ビジネスとデザイン思考について考える~

僕の中で、「デザイン」ってことがすごく大事だなと感じるようになったので、今回は「デザイン」について、書いていきます。 今の社会は商品が飽和状態で、どこ

68389215

努力をすれば夢がかなうを否定します。

注:ここでの「努力」というのは、「がむしゃらに頑張る」ということで読んでいってください。 ただ、がむしゃらに頑張るだけで夢は叶いません。結局は、どこに

mig

仕事ができる後輩(新人)になる方法〜守破離について〜

仕事ができる後輩(新人)になりたくないですか? これから社会人になる人、学生だと何かのプロジェクトに参加する人、 そんな人達に一度考えてみてほしいと思

human_silhouette

一流になる人は小学生から違った!イチロー・本田圭佑・石川遼が実践している自己実現への考え方

誰でも夢や目標はあるかと思います。夢をかなえている人がいれば、その夢がかなわないって人も多く居るのが実情じゃないかなとも思います。 今回は、実際にプロ

peterthiel

ペイパル創業者であり投資家ピーター・ティール。『ZERO to ONE』が面白かったので調べてみた。

空飛ぶ車が欲しかったのに、 手にしたのは140 文字だ 「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、 ただの140 文字や“永遠の15 分” を超えた未

shutterstock_133009793

嫌いなことで知る自分の価値感~自分の価値観を明確にする方法②~

前回、「自分の価値観を明確にする方法①」を書きました。 こちらは、自分の好きなことの共通点を探すワークというのを書いています。もし、まだ読んでなかった

goldencircle

ゴールデンサークルから学ぶ!やりたいことを実現させる方法!

こんばんは! 今回は、サイモン・シネック氏(マーケティング・コンサルタント)がTEDで話した「優れたリーダーはどうやって行動を促すのか」から、「やりた

regret

後悔してからでは遅すぎる。人生72万時間という事実を知り、一歩を踏み出そう!

こんばんは。 この前ですが、掲載させていただいているAll Aboutさんにて、「デイリーランキング1位」を獲得しました! こうやってブログを書いてい

できない人

自己啓発はきっかけになるけど、行動しなければ意味がないということ

こんばんは! 以前に自己啓発にはまるとヤバイよ!って記事『自己啓発地獄にハマらないための3つの注意点』というのを書いたのですが、これが結構好評だったの

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

work
20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。
社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。
若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。
そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

nihondensan
営業マン必見のビジネス書!日本電産流V字回復経営の教科書

久しぶりにブログかいてます。 今回紹介する本は、「日本電産流V字回復の経営」です。 この本は、50数社のM&Aをしている日本電産がなぜ赤字会社

MIIDAS
転職マッチングサービス「MIIDAS(ミイダス)」を使ってみた

最近転職系のサービスを調べていたら、いろいろとサービスがあったので、
レビューを書いていこうかと思います。
今回は、株式会社インテリジェンスが提供している「MIIDAS」
『あなたの本当の価値を見いだす』
と、オヤジギャグ的なキャッチコピーです(笑)

failure
失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

o2o-payment
O2Oで買い物体験は変わるのか!?来店ポイントアプリを調べてみた。

お買い物は好きですか? 来店するだけでポイントが貰えるということで、一時話題にもなった来店ポイント型アプリ。 その来店ポイントをベースに様々なビジネス