努力をすれば夢がかなうを否定します。

      2014/08/31

LINEで送る
Pocket

注:ここでの「努力」というのは、「がむしゃらに頑張る」ということで読んでいってください。

68389215

ただ、がむしゃらに頑張るだけで夢は叶いません。結局は、どこに向かって進むのか?軸を作り、ゴールに向かって「実行」と「検証」を繰り返していく。

そうすることで、「結果」が出るということ。

ただ、やり方を知らないと時間がすごくかかるし、精神的にもしんどい。

だから、

ただがむしゃらに頑張るのではなく、考え方を知り最短ルートがどれなのか?
考え、計画、予定を立て、あとは実行と検証を繰り返す。

そうすれば、結果は出てきます。

そういったことを伝えていきたいと思います。

ちなみに、この前ブログに書いた【考え方×行動=結果】ということをもっと具体的に説明していきます。読んでいない方、知らない方は、先に読んだ方がわかりやすいかもしれません。
(この前書いた記事はコチラ⇒行動するけど、結果が出ない!知っておくべきたった1つの方程式

よく精神論で話す人、理想論で話す人ってのは、

努力、努力、努力。
夢に向かってがむしゃらに頑張れば、いつか夢はかなうもの

ということを言ったりしてます。

本当に、がむしゃらに頑張れば夢は叶うのでしょうか?

為末 大選手が語る努力の本質

img_1100090_9098484_0

努力至上主義がチャレンジを阻む『諦める力』為末大インタビュー[2]-PRESIDENT Online
上記の記事を読んで、

何か目標や成し遂げたいことがある時にやってしまいがちなのが、

がむしゃらに頑張る

ということ。これは注意が必要です。
為末選手は、この努力をするということについて、こう語っています。

努力って、「どのくらいやったか」で語られがちですよね。本当は、どこで、どっちに、どのくらい、という話だと思うんですよ。まずどの場所で努力するのか。野球なのか、サッカーなのか、陸上なのか。それからどういう方向にどうやって努力するか。たとえば上原投手は「けがをしない方向」に努力をした。最後にくるのが、どのくらいやるのかだと思うんですね。場所と方向を間違えていたらいくら練習しても結果が出ない。「どこで、どの方向で」をとことん考えるっていう努力を怠っているからです。肉体労働的な努力はしているかもしれないけど、頭で考えるという努力をしていない、と言うことができるかもしれません。(中略)
「考える」というのは、いかに少ない努力で大きな結果を出すか、いかに最短距離で目的地まで行くかということでしょう。つまり効率を考えるということです。

これは、将来起業したい人とかビジネスマンにも必要な考え方です。
「どこで、どの方向で」そこが決まってないのに、ただがむしゃらに頑張っても結果は当然出ません。

よくあるのは、こんだけ頑張って結果がでないのは仕方ない。
俺はできない奴なんだ。と挑戦する事を諦めてしまうという事。

いくら1万時間頑張っても「結果が0

確かにこれは諦めてしまいます。
それじゃあ、どうすればいいのでしょうか?

結果が出る人・出ない人を比較してみよう!

211042379

例えば、がむしゃらに頑張る人がどうなるか。。。

営業マンでありがちなのが、とりあえず外回りをしろと上司に言われて、
毎日夜遅くまで訪問しまくる。

訪問、訪問、訪問、、、

がむしゃらに手当たり次第、訪問を繰り返す。
だけど全然、結果が出ない。

努力をすれば、絶対に契約が取れるんだ!

よし!まだまだ努力が足りない!今は20時までやっていたのを21時まで頑張ろう!

訪問、訪問、訪問、、、

だけど、結果が全然出ない。

どうでしょうか?

これでバンバン結果が出るなら、問題ない。
だけど、現実はそんな甘くない。

そんな人は、たぶん自分はできない奴なんだと諦めてしまうかもしれない。

そうなると、やりたいことも「自分は出来ない」という思考になってしまい、チャレンジが出来なくなってしまいます。

なので、「考え方」を知ってほしいと思います。

結果を出す人はどうするか?

まず、営業経験がないのであれば、営業トップの人がどういうことをしているのか?
一緒についていき、どんな準備をしているのか?どうやって相手と話すのか?どうやって契約を取っているのか?などなど見ていき、盗みます。

そして、まずトップの人のやり方を真似てみます。

しかし、結果が出なかった。

当然、いきなりトップのやり方がそのままできるわけありません。出来る方は天才です。

それでは、どうすれば結果が出るのか?トップと自分は何が違うのか?違うのであればどうすれば上手く行くのか?などなどの契約を取るための問題を書き出していき、その問題が起きている原因を書き出す。そして、解決策を考えて、実行する。

そして、、、

結果が出れば、なんで結果が出たのか?を検証する。
運が良かったのか?それとも再現性のあるものなのか?
契約が取れたストーリーをチェックしておきます。

結果が出なければ、なんで結果が出なかったのか?を検証する。
また問題⇒原因⇒解決策と考えていき、解決策を出来る人に相談する。
そして、実行と検証を繰り返していく。

こうしていけば、「なぜ失敗したのか?」と「なぜ成功したのか?」が明確になってきます。

これが出来れば、自然と「結果」が出そうですよね!

もちろん、
起業でも同じ事が言えます。

プロのやり方を知らない状態で、とりあえず起業をする。

睡眠時間1時間とか超ストイックに頑張る、頑張る、頑張る、、、

それじゃあ結果は?

たぶん頑張るだけでは結果が出る確率は低いでしょう。
超ストイックに頑張ったのに、結果が出なければ心が折れてしまうかもしれない。
それで、夢を諦めてしまうのはもったいない。

仮に結果が出たとしても、それがなんで成功したのかがわかるのでしょうか?

運で成功してしまうと、継続できない危険があります。

2〜3年だけしか経営しないのであれば、それでいいのですが、経営は大抵長期です。
会社は、10年・20年・50年・100年と続かせたいですよね。

だったら、

あなたは運で成功したいのか?
それとも実力で成功したいのか?

僕は、実力で成功したいし、再現性のある経営をしていきたいと思っています。

まとめ

為末選手のインタビュー記事から、努力(ただがむしゃらに頑張る)だけでは、結果が出ないし、
チャレンジする精神も失ってしまうということを書いてあるのを見て、本当にそうだよなと思い、このブログを書きました。

自分も書いていて、まだまだ甘いなと思い、この考え方を定着させたいです。

基本的に、日本人は「どんだけ頑張ったか?」ということを努力と考えてしまいますが、本来は「どの方向に、どうやって」ということを考えないといけません。それがあっての「どれだけ頑張ったか」だと思います。

毎日、残業しまくりな人と効率よく仕事を片付け定時に帰る人。一見、残業している人が頑張ってるように見えますが、評価すべきは「結果」だと思います。
この2人の結果が同じであれば、残業した人ではなく定時に帰った人を評価すべき。
だけど、日本のシステムは「残業代」があるため、「結果」が同じであれば給料は残業をした人の方が高くります。

だから、残業しろって言ってるんじゃなく、
努力するということは、「どの方向に、どうやって」をきちんと考えて、それから「どれだけ頑張ったか」が大事だということです。
日本のシステムはちょっと危険なので、だらだらと残る人が出て来てしまうし、時間をかけてしまいがち。

どれだけがむしゃらに頑張っても結果は出ない。

時間をかければそれでいい。ということではない。

・ゴールを決める事
・トップのやり方を盗む事
・「実行」⇒「検証」を繰り返す事

この3つは絶対に覚えておいてほしいです。

ここまで読んでくれて、ありがとうございます(^^)
もし、この記事を読んでもよくわからない、どうしたらいいのかわからない。そういう場合は、相談してください!
できるだけ多くの人に、現状や将来についてしっかりと考えてほしいと思っていますし、そういった人たちを応援したいと考えています!
なので、気軽にメールやコメント、Facebookやツイッターでメッセージを送ってください。

<参考書籍 PR>
諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

    いつもシェアありがとうございます!
    Like Like
フォローすれば更新情報を受け取れます!
follow us in feedly

スポンサーリンク

  関連記事

shutterstock_85819054

ブログを習慣化させる方法をまとめてみた

最近、ブログを再スタートさせたので、ネットに転がっているブログを継続させる方法ってのをまとめてみました。 習慣化は工夫すれば簡単 習慣化するのって難し

nensyuuhiku

41%の人が年収300万円以下!?格差社会について考えてみた

うわっ・・・私の年収低すぎ・・・ 一時期、そんなWeb広告が流行ってましたよね(笑) 今回は、そんな「私の年収」について考えるため、これからは格差社会

L3224220000617121

怠惰な社会人になろう!nanapi社長日記が面白い件

新入社員の方は、夏もそろそろ終わる頃なので、仕事にも慣れてきたかと思います。 僕も新人の頃は、もうそろそろ慣れが出てきていた時期だったなーと思い出した

title

デザインとは何なのか?~ビジネスとデザイン思考について考える~

僕の中で、「デザイン」ってことがすごく大事だなと感じるようになったので、今回は「デザイン」について、書いていきます。 今の社会は商品が飽和状態で、どこ

変わるきっかけ

人が変わるきっかけ

経営コンサルタントとして有名な大前研一さんは、 「人間が変わる方法は3つしかない。 1.時間配分を変える。 2.住む場所を変える。 3.付き合う人を変

img_1588343_38834049_0

2013年の振返りと2014年の目標(振返りのみver.)

☆ 2014年 Happy New Year ☆ 新年1本目の投稿です! 今年もブログ書き続けますので、よろしくお願いします。 早速ですが、2013年

目標を明確に

とある起業家の講演を聞いての感想〜目標・内的要因・当たり前について〜

こんばんは、2月なのに春先ぐらいの暖かさになったかと思うと、雪が降るぐらい寒くなるというわけのわからない天気ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

27694142_4a83c4b6a1_m

自分のしたいこと

みなさんは、自分のしたいことが何か知ってますか? 将来のゴールが描けていても発信できていますか? 日本人は「謙虚」が美徳とされていて、 自分がしたいこ

自信がないなら、今でしょ!

自信がないならこれをやろう!30日で自信が出る方法

こんばんは! なんとなく、気分が落ちるときってありますよね。 そんな時に、「気分が落ちたとき 対処法」ってすぐにググってる自分に、 「あ、現代人だ!」

1032d_889_b5a897d5def4b4a732c40a9f107deb74

行動するけど、結果が出ない!知っておくべきたった1つの方程式

社会人になって、法人営業をしていて、様々な人の営業方法を見てきました。 お客さんに好かれて、受注がバンバン取れる人。 訪問しまくるが、全然注文が貰えな

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

work
20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。
社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。
若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。
そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

nihondensan
営業マン必見のビジネス書!日本電産流V字回復経営の教科書

久しぶりにブログかいてます。 今回紹介する本は、「日本電産流V字回復の経営」です。 この本は、50数社のM&Aをしている日本電産がなぜ赤字会社

MIIDAS
転職マッチングサービス「MIIDAS(ミイダス)」を使ってみた

最近転職系のサービスを調べていたら、いろいろとサービスがあったので、
レビューを書いていこうかと思います。
今回は、株式会社インテリジェンスが提供している「MIIDAS」
『あなたの本当の価値を見いだす』
と、オヤジギャグ的なキャッチコピーです(笑)

failure
失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

o2o-payment
O2Oで買い物体験は変わるのか!?来店ポイントアプリを調べてみた。

お買い物は好きですか? 来店するだけでポイントが貰えるということで、一時話題にもなった来店ポイント型アプリ。 その来店ポイントをベースに様々なビジネス