20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

      2017/11/15

LINEで送る
Pocket

春が来たなと感じてきた今日この頃。
東京では桜が開花したとニュースでやってました。

そんな新学期を迎えるに当たり、今年こそはと意気込んでいる方も多いかと思います。

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。笑
しかし、人生は生きてるだけで丸儲け。
楽しんで生きることを前提に仕事をしてください。

なぜ、ハードワークした方がいいのか?

社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。

若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。

そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

量を伴わない質の向上はない

質を重視して綿密に計画して、自分で納得してから行動する。

これで本当に成果が出るのでしょうか?

経験が無い状態で、いくら考えても大した計画は作れません。

例えば、野球経験がないのにホームランの打ち方をすごく考えて、考えて、これでイケる!って試合に臨んでもホームランは打てないですよね。

何度もバッティング練習をして、フォームを修正して、素振りをして、試合で空振りしてもいいからバットを振って、
一番良いスイングを求めながら実行、修正を繰り返す。

そうすることで、ホームランが打てるようになります。

仕事でも同じで、いくら考えても成果が出ることはありません。
やってみて、試してみて、悪かったところを修正して、もう一度試してみて、と繰り返し続けることで成果が出てきます。

バッターボックスに立つ回数を増やせ

よくベンチャー社長が言う「バッターボックスに立つ回数を増やせ!」というのは、
どんなに失敗してもいいから、経験値を増やせということで、
ホームランを打つためには、空振りでもいいので、バッターボックスに立って、バットを振り続けないといけないんです。

若く体力のあるうちに、どんだけバッターボックに立ってバットを振るか。

自分が納得いく状態じゃないとバットを振らない人と比べると大きな差がつくのはわかりますよね。

若いうちから成功している人は全てハードワーカーだった

ソフトバンク社長の孫さん、ライブドア元社長の堀江さん、サイバーエージェント社長の藤田さんなど若い頃から成功している人は、みんなハードワークをしています。

そして、全てに共通しているのが「やりたいことがある」ということです。

やりたいことのために、一生懸命働いているだけであり、身体的にしんどいこともあるかと思いますが、
何かに打ち込めるというのはすごく人生が充実することだと思います。

藤田晋は、週110時間働くハードワーカーだった

ハードワークをする上での具体的事例として、
サイバーエージェントの藤田社長は、創業期のエピソードをこう語っています。

僕は“ハードワーク”が、20代で急成長するためには重要だと考えます。創業期は自分も社員も「週110時間労働」を課していました。

最近では、ブラック企業批判が半端ないので、かなり強烈に批判されかねないとは思いますが、
単純に長時間労働するのがいいという考えではありません。

20代というのは、どうしても「経験」が不足しています。
その経験を補うために、人よりも多く働くと決めて集中して取り組むために「週110時間」という時間を決めたと仰っています。

そして、仕事に対して時間を取ると決めることで、周到な準備ができ、お客様からもここまで一生懸命やってるなら仕事を任せようと思ってもらえると。

そして、そのチャンスにきちんと応えることで、また仕事を任せてもらえると。
そうやって好循環を回していくことで、経験値が増え成長していくんだと思います。

藤田社長がどんたけハードワーカーだったかは、「渋谷ではたらく社長の告白」を読んでみてください。

最後に

こうやってハードワークについて書いていきましたが、
一番大事なのは「仕事を楽しめている」かどうかです。

つまらない仕事、人間関係が悪く居るだけでストレスが溜まるような環境で、
ハードワークをしようとしても、疲れ果ててしまうだけです。

僕が伝えたいこととしては、以下の3点です。

  • やりたいこと、興味があることを決める
  • それに最大限時間をかけると決意する
  • 後は、ひたすら没頭するだけ

単純にやりたいことをできない理由を殺してしまい、没頭するようにすればいいんです。

人は、言い訳が大好きです。

やりたいことがあっても、何かしら理由をつけて中途半端になってしまいます。

なので、ぜひ上の3点を実行してみてください。

そして、今の仕事がつまらない。興味が出ないという人は、転職して環境を変えるというのも手段の1つです。

20代~30代前半の方に人気のマイナビエージェント
異業種への転職での満足度が高く、しっかりとコンサルティングをしてもらえます。

    いつもシェアありがとうございます!
    Like Like
フォローすれば更新情報を受け取れます!
follow us in feedly

スポンサーリンク

  関連記事

自信がないなら、今でしょ!

自信がないならこれをやろう!30日で自信が出る方法

こんばんは! なんとなく、気分が落ちるときってありますよね。 そんな時に、「気分が落ちたとき 対処法」ってすぐにググってる自分に、 「あ、現代人だ!」

GOLE

目標達成するための3つのポイント!~できる人とできない人の違いとは?~

新年ということで、目標設定をされた方は多いかと思います。 僕も何個か今年の目標を設定しましたので、後で報告しますね。 まず、目標という考え方についてい

target-1024x576

なぜ、自分の価値観を明確にすることは必要なのか?

自分の価値観、あなたは明確に答えられますか? この問いに答えられる人は、時間の無駄なのでこのエントリーは読まなくてもいいです。 自分の価値観の重要性を

未来を考える

未来を予測して考える人生設計で必要な4つのこと

こんばんは! 前回の記事「将来なくなる仕事から考える人生設計」では、なくなる仕事について書いたのですが、 これが好評でしていろいろと問い合わせもいただ

組織で働く.001

就活生や新卒社員へ送る、組織で働くということ

こんばんは! 4月もちょうど中盤に差し掛かり、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 4月から会社員として働き始めた方、後輩ができて今まで自分の作業だけで

images

経営とは何なのか?目標達成のための管理方法について

いきなりですが、経営ってなんだと思いますか? 英語で訳すと「 management」 そう、マネジメントですね。あの有名なもしドラも「マネジメント 基

未来への一歩を踏み出す

「未来への一歩を踏み出す交流会〜現状を知り、スタートを切ろう〜」を開催しました!

「矢一本なら一人の力で折ることができるが、三本となったときはなかなか折れない。このように三人が力を合わせなければいけない」 毛利元就が3人の息子に教え

L3224220000617121

怠惰な社会人になろう!nanapi社長日記が面白い件

新入社員の方は、夏もそろそろ終わる頃なので、仕事にも慣れてきたかと思います。 僕も新人の頃は、もうそろそろ慣れが出てきていた時期だったなーと思い出した

mig

仕事ができる後輩(新人)になる方法〜守破離について〜

仕事ができる後輩(新人)になりたくないですか? これから社会人になる人、学生だと何かのプロジェクトに参加する人、 そんな人達に一度考えてみてほしいと思

failure

失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

work
20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。
社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。
若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。
そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

nihondensan
営業マン必見のビジネス書!日本電産流V字回復経営の教科書

久しぶりにブログかいてます。 今回紹介する本は、「日本電産流V字回復の経営」です。 この本は、50数社のM&Aをしている日本電産がなぜ赤字会社

MIIDAS
転職マッチングサービス「MIIDAS(ミイダス)」を使ってみた

最近転職系のサービスを調べていたら、いろいろとサービスがあったので、
レビューを書いていこうかと思います。
今回は、株式会社インテリジェンスが提供している「MIIDAS」
『あなたの本当の価値を見いだす』
と、オヤジギャグ的なキャッチコピーです(笑)

failure
失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

o2o-payment
O2Oで買い物体験は変わるのか!?来店ポイントアプリを調べてみた。

お買い物は好きですか? 来店するだけでポイントが貰えるということで、一時話題にもなった来店ポイント型アプリ。 その来店ポイントをベースに様々なビジネス