効率良く人生を生きるには「決断」をさけるべき

   

LINEで送る
Pocket

前回と同様に、今回もnanapi社長のけんすう日記を読んで面白かったと思ったエントリ「良い人生を送りたいなら「決断疲れ」を避けるほうがいいかも」から感想と思ったことを書いていきます。

少し古いネタですが、面白いなーと参考になったので、、、

決断疲れとは?

10_r

COURRIER Japonの2012年3月号で「決断疲れ」について書かれていました。

すごく簡単に説明すると、「人は決断をするたびに精神的な負荷があり、決断が多いと疲れてしまい、エネルギーがなくなる」ということ。
そして、決断疲れが溜まっていくと「安易な結果・考えなければならないような結果を選びにくくなっていく」ということ。
詳しい内容は、こちらのブログ
takamasa’log: COURRiER 〈決断疲れ〉

確かに、悩んで決断するってことはなかなかエネルギーを使っていると感じます。
だからといって、決断を無くすってことは不可能かと思うので、どうすれば効率よく「決断」ができるのかについて考えていきます。

日常は些細な決断で溢れている

8528725328_ffe4ba4283_n

毎日生きるだけで多くの決断をしています。
例えば、食事のメニューや着る服。買い物でもどこで買うか?何を買うか?などいろいろと決断をして生活をしているかと思います。

僕は、毎朝パンを食べると決めているので、そこまで迷わないし、ジャムも直感で決めたりしています。
着る服はスーツでシャツとかネクタイとかは大体パターンは決まっているし、そこまで問題ないかな。

でも、買い物に関しては、お金がないとどうしても悩んでしまいますよね。

けんすうさんは、貧困と決断疲れの問題についても言及しています。

たとえば、豆腐80円のものと、豆腐70円のものを比べた時に、生活に余裕がある人は悩みません。なんとなく選んで終わりです。ただし、貧困の人は10円の差が大きいため、そこで吟味をし、どちらを買うか「決断」します。

そのため、決断の回数が多くなりエネルギーを使ってしまうということです。

よく、富裕層の人が「貧乏だからといっても、こういう勉強をしたり、こういう行動をすればいいだけだ。行動が人生を変えるんだ!」みたいなことを言っていたりしますが、そもそも決断が多すぎて、行動するためのエネルギーがなくなっているというわけですね。富裕層の人は10円で決断しないですし、移動の時に タクシーを選ぶか電車を選ぶか決断しなかったりするので、より重要なことだけにエネルギーを使えているのかもしれません。

お金に余裕があれば、確かに買い物や消費活動に関してそこまで考えなくてもいいですよね。
そうすることで、決断エネルギーをより重要なことで使えるようになります。

そうなると、富裕層と貧困層では、エネルギーの使いどころに差が出てくるんだなと思いました。

決断疲れを避けるためには?

かといって、このままでは貧困層は買い物に悩んで決断疲れが発生して、仕事のパフォーマンスが落ちて、給料が上がらずに貧困だから、また買い物に悩んでしまう。という負のループが発生してしまいます。

格差社会が進行している現在においては、このループに嵌ると特にきついです。

なので、できるだけ決断の回数を減らせるように工夫する必要がありますし、些細なことでも意図的に決断を避けるようにすることが大事なのかと思います。

たとえば、スティーブ・ジョブズが同じ服を着ているとか、イチローが毎朝カレーを食べるとか、こういうのはもしかしたら自分の決断エネルギーの消費を避けるために役立っているのかもしれないですね。

だから、もしお金に余裕がなかったとしても、

毎朝同じものを食べて、
毎日同じ服を着て、
外食はここでは500円以内、ここでは1000円以内など決めて、
買い物では、野菜とかはこのスーパーで買う。肉はここで買う。など決めてしまう。

などなど、できるだけ日常の作業をルーティン化するのがいいのかと思います。

仕事の場合でも、

メールが来たら、チェックしてすぐ返す。
定型書類はテンプレ化して、内容をほぼ決めておく。
Todoはリスト化して頭で考えないようにする。
作業内容や顧客の優先順位をリスト化しておく。

などして、できるだけ脳への負担を減らすように日々心がけていけばいいかなと思います。

まとめ

毎日、生活しているだけで気付かないうちに些細な決断をしているので、脳への負担も大きいかと思います。
この些細な決断の回数が多いことで、より重要な決断のパフォーマンスが落ちていては人生的にも良くないかなと思います。

時間は有限ですし、重要じゃないことにいちいち考えて決断していては「もったいない」ので、僕はこのルーティン化させることってことはいいことだなと思います。

また、多くの偉大な人たちも、日々の生活(重要ではないこと)をルーティン化させているというのを聞きますので、これは真似するべきことなんだと思いました。

ぜひ、みなさんも日々の決断や作業をルーティン化させていき、有意義な決断ができる人生にしていきましょう!

決断力と言えばこれ!

そして、捨てる力も

    いつもシェアありがとうございます!
    Like Like
フォローすれば更新情報を受け取れます!
follow us in feedly

スポンサーリンク

  関連記事

shutterstock_164649104

頭が悪いなら起業しろ!社会のルールはトップ層で作られている。

こんばんは。 この前、僕が主催しているイベント「未来への一歩を踏み出す会」で、銀行員の方から懐かしい動画をシェアしてもらったので、今回はそのことを書い

リーダー_1

リーダーになりたいあなたへ(2)

こんばんは!起業家タマゴです(^^)   僕は今、プロの経営者からリーダーに必要なことを教えてもらっています。 そこで教えてもらったことを少

Baby and a book

自己啓発地獄にハマらないための3つの注意点

自己啓発って、みなさんお好きですよね。笑 僕も昔はよく自己啓発書を読んでいました! しかし、自己啓発にハマりすぎるのは良くないのです。 今回は、自己啓

未来を考える

未来を予測して考える人生設計で必要な4つのこと

こんばんは! 前回の記事「将来なくなる仕事から考える人生設計」では、なくなる仕事について書いたのですが、 これが好評でしていろいろと問い合わせもいただ

実現するために必要なこと

やりたいことを実現させるために必要な6つのこと

こんばんは! この前の記事⇒「できる」か「できない」かではなく、「やる」か「やらない」かが大事 では、とにかく小さくやることということを説明しました。

regret

後悔してからでは遅すぎる。人生72万時間という事実を知り、一歩を踏み出そう!

こんばんは。 この前ですが、掲載させていただいているAll Aboutさんにて、「デイリーランキング1位」を獲得しました! こうやってブログを書いてい

1469778_405342742930290_456221737_n

死のイメージから自己実現を考える

「死のイメージ」ってなんか恐ろしいこと書いていますが、まあ気軽に読んでください。笑 先日、「ゼロ・グラビティ」を観て、圧倒されました。 映像の美しさ、

A Dreamy World

理念とは何なのか?〜自分の世界観について考えよう!〜

今回は、自分の応援したい人について書こうと思ったのですが、 その前に改めて教えてもらった大事なことがあるので、忘れる前に書いておきます。 教えてもらっ

学者

負けない経営の重要性

こんばんは(^^) 今日は、起業をしたいと考えている人には絶対に必要な考え方の 「負けない経営」について書いていきます。 負けない経営のルールってのを

Vision

自分のしたいことがわからない方へ〜ビジョン選定時に必要な考え方〜

将来についてぼんやり考えていると、将来自分って何がしたいんだろう?って思ったことありませんか? 僕は、学生時代によく考えていました。本当にぼんやり考え

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

work
20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。
社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。
若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。
そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

nihondensan
営業マン必見のビジネス書!日本電産流V字回復経営の教科書

久しぶりにブログかいてます。 今回紹介する本は、「日本電産流V字回復の経営」です。 この本は、50数社のM&Aをしている日本電産がなぜ赤字会社

MIIDAS
転職マッチングサービス「MIIDAS(ミイダス)」を使ってみた

最近転職系のサービスを調べていたら、いろいろとサービスがあったので、
レビューを書いていこうかと思います。
今回は、株式会社インテリジェンスが提供している「MIIDAS」
『あなたの本当の価値を見いだす』
と、オヤジギャグ的なキャッチコピーです(笑)

failure
失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

o2o-payment
O2Oで買い物体験は変わるのか!?来店ポイントアプリを調べてみた。

お買い物は好きですか? 来店するだけでポイントが貰えるということで、一時話題にもなった来店ポイント型アプリ。 その来店ポイントをベースに様々なビジネス