頭が悪いなら起業しろ!社会のルールはトップ層で作られている。

      2014/08/27

LINEで送る
Pocket

こんばんは。

この前、僕が主催しているイベント「未来への一歩を踏み出す会」で、銀行員の方から懐かしい動画をシェアしてもらったので、今回はそのことを書いていきます。

社会のルールは賢いやつが作っている

「ドラゴン桜」って漫画を知ってますか?

三田紀房氏の漫画で、超がつくほど偏差値が低い高校から東大を目指す物語です。

ここで、弁護士の桂木が始めに体育館でプレゼンをします。

これがものすごく本質的で、ぜひ見て欲しいです。

動画はコチラ

「社会のルールは賢いやつが作っている。だから、賢いやつの都合のいいルールが作られている」

これって本当にそうだと思います。

なぜかというと、まず社会のルールってのは誰が作っているのか?

それは、官僚ですよね。

じゃあどんな人が官僚になっているのか?

国家試験大学ランキング

このグラフをみればダントツで東大卒ですよね。その次は京都大学。

官僚になる人は、みんな賢い人です。そして、その賢い人が集まってルールを作ります。

それじゃあどうなるかというと、当然賢いやつが都合のいいルールができあがります。

だって、自分に不利なルールは作らないでしょ?

いや、そんな賢い人有利なルールだったらバカが反発するでしょ!

って思うかもしれませんが、

厄介なのは賢いから「バカにはわからないように作られている」ということ。

ルールを複雑にしたり、難しい専門用語で固めていく。

バカは難しい言葉が出たら思考停止するため、「ふーん」で終わってしまう。

そして、言われたままに動かされている。

まあ、これで幸せな人はそれでいいのですが、僕はそうはなりたくないし、そんな人が溢れる状態を作りたくないので、考えられる人をもっと増やしていきたいと思っています。

頭が悪いなら起業をしろってどういうこと?

いきなり起業ってなんやねん!?

って思われたかもしれませんが、社会のルールは国のトップ層が作っています。そして、トップ層に都合がいいように作られてきました。

それでは、あなたが働くもしくは働くであろう会社のルールは?

そうです、会社のトップ=創業者やオーナーですよね。

会社のルールもトップが都合のいいように作られており、
何も分からない人は、会社の言うとおりに働きます。
そして、会社の都合が悪くなれば辞めさせることもできます。

言われた通りに働いていたのに、なんで切られるんだよ!

って思うかもしれませんが、会社ってそんなもんだと思います。

パナソニックやソニーなどの大企業でも、今ではかなりの人数が切られています。
(参考はコチラ⇒http://matome.naver.jp/odai/2138053394048919801

例えば、パナソニックは半導体を海外企業へ売却するために7,000人をリストラしています。
ソニーには、追い出し部屋というリストラのための部署ができたりしています。

そうやって会社はトップの都合で動いています。一社員の都合なんて聞いてくれるわけありませんよね。

バカでも起業ができる時代

いきなり起業、しかもバカなのにどうやって?

って思うかもしれませんが、これからどうなっていくであろうか?ということを以前か居てますので、まずはそれを見てください⇒「未来を予測して考える人生設計で必要な4つのこと」

で、バカはどうすれば・・・

 

ってことですが、それはまた別の機会に書いていきます!

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます。
今まで何も考えてきていなかった人にとっては、今回の内容は衝撃的だったかもしれません。

でも、賢いやつは知っていますし、気付いています。

知らないことは最大のリスク

それだけは覚えといてください。

 

    いつもシェアありがとうございます!
    Like Like
フォローすれば更新情報を受け取れます!
follow us in feedly

スポンサーリンク

  関連記事

writteblogconsent

ブログで伝えたい事と見返しての感想

自分の書いている記事を見直すと、最近否定的な記事を書いているので、 今日は、その補足というか、否定ではなくてきちんと考えてほしいと思って書いているので

img_1588343_38834049_0

2013年の振返りと2014年の目標(振返りのみver.)

☆ 2014年 Happy New Year ☆ 新年1本目の投稿です! 今年もブログ書き続けますので、よろしくお願いします。 早速ですが、2013年

学者

負けない経営の重要性

こんばんは(^^) 今日は、起業をしたいと考えている人には絶対に必要な考え方の 「負けない経営」について書いていきます。 負けない経営のルールってのを

変わるきっかけ

人が変わるきっかけ

経営コンサルタントとして有名な大前研一さんは、 「人間が変わる方法は3つしかない。 1.時間配分を変える。 2.住む場所を変える。 3.付き合う人を変

shutterstock_133009793

嫌いなことで知る自分の価値感~自分の価値観を明確にする方法②~

前回、「自分の価値観を明確にする方法①」を書きました。 こちらは、自分の好きなことの共通点を探すワークというのを書いています。もし、まだ読んでなかった

GOLE

目標達成するための3つのポイント!~できる人とできない人の違いとは?~

新年ということで、目標設定をされた方は多いかと思います。 僕も何個か今年の目標を設定しましたので、後で報告しますね。 まず、目標という考え方についてい

リーダー_2

リーダーになりたいあなたへ

こんばんは。 起業家タマゴのk.tamaです(^^) リーダーシップに大事なことってなんだと思いますか? 周りの意見をまとめること? チームを引っ張る

組織で働く.001

就活生や新卒社員へ送る、組織で働くということ

こんばんは! 4月もちょうど中盤に差し掛かり、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 4月から会社員として働き始めた方、後輩ができて今まで自分の作業だけで

未来を考える

未来を予測して考える人生設計で必要な4つのこと

こんばんは! 前回の記事「将来なくなる仕事から考える人生設計」では、なくなる仕事について書いたのですが、 これが好評でしていろいろと問い合わせもいただ

実現するために必要なこと

やりたいことを実現させるために必要な6つのこと

こんばんは! この前の記事⇒「できる」か「できない」かではなく、「やる」か「やらない」かが大事 では、とにかく小さくやることということを説明しました。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

work
20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。
社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。
若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。
そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

nihondensan
営業マン必見のビジネス書!日本電産流V字回復経営の教科書

久しぶりにブログかいてます。 今回紹介する本は、「日本電産流V字回復の経営」です。 この本は、50数社のM&Aをしている日本電産がなぜ赤字会社

MIIDAS
転職マッチングサービス「MIIDAS(ミイダス)」を使ってみた

最近転職系のサービスを調べていたら、いろいろとサービスがあったので、
レビューを書いていこうかと思います。
今回は、株式会社インテリジェンスが提供している「MIIDAS」
『あなたの本当の価値を見いだす』
と、オヤジギャグ的なキャッチコピーです(笑)

failure
失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

o2o-payment
O2Oで買い物体験は変わるのか!?来店ポイントアプリを調べてみた。

お買い物は好きですか? 来店するだけでポイントが貰えるということで、一時話題にもなった来店ポイント型アプリ。 その来店ポイントをベースに様々なビジネス