経営したい人必見!DeNA南場智子氏が語る経営についての考え方

      2014/08/31

LINEで送る
Pocket

風邪気味でのどを痛めた今日このごろ、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
こうやってのどが痛くなって、風邪引いてしまったのは、

「ぜんぶ雪のせいだ」

ということにしてます(笑)

まあ、JRも遅延や運転見合わせが多かったけど、ぜんぶ雪のせいにしちゃいましたからね(笑)

今回、グロービスの記事で、
「DeNA南場智子氏「DeNAの成長の軌跡とグローバルNo.1に向けた新しい挑戦」

というのを読んで、僕の考え方と共通する部分。それから、この人おもしろいなあと思ったのでシェアします。

DeNA南場智子ってどんな人?

南場智子

まず、DeNAという会社は、みなさんご存知だと思います。
あの横浜ベイスターズを買収して、「横浜DeNAベイスターズ」の親会社です。
それと、有名なのは「モバゲー」があるかと思います。
最初は、「ビッダーズ」というインターネットオークションをやっていた企業でして、
そこから「モバオク」というモバイルオークションサービスをして、モバイルサービスの先行者として一気に成長していきます。そして、「モバゲー」の爆発的人気で東証一部上場まで会社を成長させました。

で、そのDeNAの創業者が南場智子氏。
マッキンゼー・アンド・カンパニー(以下マッキンゼー)出身で、
マッキンゼーの同僚3人でDeNAを創業しました。

コンサル3人で創ったというと、確かに経営できそうと思うんですけど、
最初は相当失敗したみたいです。なので、「コンサルタントの言うことは聞かない方がいい」とまで言っている人です(笑)

興味のある方は、
南場さんの著書「不格好経営―チームDeNAの挑戦」を読んでもらえればわかります。

かなり失敗経験を暴露していて面白いです。

コンサルタントと起業の違い

future

マッキンゼーのコンサルタントとなれば、当然優秀な人材だったと思います。
だから「自分たちならできるんじゃないか?」と思って、起業したんですけど。

コンサルタントは、できた状態にテコ入れするような感じ。なので、1を2や3にしていくような感じです。

でも、起業となれば0⇒1を創る必要があります。
そこをやったことないのに、自信だけでやってしまった結果がビッダーズなんだと思います。
オークションサイトなのにユーザーは出品ができず、購入のみ。
当然、ユーザーが増えればどんどん商品がなくなっていく。。。恐ろしいサイトですね(笑)

こんな致命的なミスはコンサルタントであればしないだろうと思いますが、3人も居てやってしまっている。
0⇒1経験者であれば、どういう段取りを組めば良いかわかるし、そういったリスクは事前に予想ができるものです。
これ以外にも、経営者として本当に大丈夫なの?と思うような失敗も多数されています。

でも、よく考えてほしいですけど、

初心者であれば誰でも失敗する。

そういうもんだと思います。野球だってサッカーだって初心者はやり方わからないし、失敗しまくる。
起業においても同じはずなのに、なぜかそこは「できる!」と思ってしまう。

これは危険ですよね。

幸い南場さんは、早くに気づいたからすぐ修正がかけられて良かったのですが、
もし気づかずに進んでいたら、今のDeNAはなかったと思います。

赤字だったけど喜んでくれたでは、サークル以下

サークル

その組織が目標を掲げて頑張ったのちに事業を振り返った際、「赤字だったけど山田さんと田代さんは喜んでくれたよね」では、大学のサークル活動以下だ。やはりどれほど世の中の役に立ったかを定量的に計るものが必要で、それが利益ではないだろうか。商品やサービスをつくってユーザーへ届けるにはお金がかかる。従ってそれ以上の対価を認めて貰えるようなものをつくる必要がある。そんな風にしてシンプルに考えようと、設立当初から言い続けている。

◯◯さんに喜んでもらえた。

確かに、顧客を満足させることは必要。だけども赤字であれば、それは経営ではないし、サークル以下である。

かなりわかりやすい例えですよね。

経営をするのであれば、利益を出さないといけないんです。

拝金主義というわけでなく、利益が出ていないとボランティアと同じであり、人を雇っているのであれば当然給料を払わないといけない。赤字で給料を払えないようになれば、それこそ詐欺に近いことになってしまいます。

それだけ、経営というのは数字にシビアにならないといけないと思います。

ビジネスをやるのであれば、顧客や社会に価値を与えることは当然のこと。

さらに経営者であれば、従業員にも圧倒的に価値を与えないといけない。

ここで、経営者まで顧客第一主義になってしまうと危なくなってしまいます。
どういうことかというと「経営者は顧客から遠くなる」ということです。

いつまでも顧客目線を持つことは必要です。だけど、組織が大きくなればいつまでも顧客と接することはできません。
なので、一番顧客に近い存在は従業員になります。だからこそ、顧客のことは従業員に任せてしまう。そうすることで、責任も生まれるし顧客のためにガンガン行動するようになる。

経営者は、それを見守り、従業員に価値になることをガンガン提供する。
経営者は、ビジョンを描き、一緒に走っていく。

それが、経営者の役割だということ。
これは、何かの本で読んで「なるほどなー。」と思いました。

なので、従業員に圧倒的価値を提供しまくる。
そんな企業を創っていきたいと考えています。

まとめ

こうやって、記事から自分の言葉に置き換えて説明するのって、簡単そうで難しいなと改めて感じました。笑

今回は、DeNA南場智子氏の経営について書きましたが、
成功談よりも失敗経験の方が学ぶことが多いなと思いました。

本を読んでもわかるんですけど、この人は相当メンタル強いです。
だからこそ、ここまで耐えて来れたのだと思います。

でも、起業のハードルって高いように見えますが、
「やりたいのであればやった方がいい。」と僕は思います。

当然、いきなりエイや!で始めろとは言いません。てか、それは辞めてください。笑
自分がどういう風に生きていきたいのか、きちんと考えて、
さらにしっかりと準備をした上で、起業という選択をするべきだと思います。

失敗するのは当然なので、失敗はするなというわけではなく、
物事には順序があって、やるべきことはきちんとしないと損をする。ということです。

僕もやりたいことはたくさんあります。だけど、いきなりはできません。
だから、今はその準備期間として活動していますし、多くの人を巻き込むために勉強会もやっています。

もし、興味があれば勉強会に参加してください(^^)

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ、いいね!かはてなブックマークをお願いします。

    いつもシェアありがとうございます!
    Like Like
フォローすれば更新情報を受け取れます!
follow us in feedly

スポンサーリンク

  関連記事

組織で働く.001

就活生や新卒社員へ送る、組織で働くということ

こんばんは! 4月もちょうど中盤に差し掛かり、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 4月から会社員として働き始めた方、後輩ができて今まで自分の作業だけで

work

20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。
社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。
若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。
そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

shutterstock_85819054

ブログを習慣化させる方法をまとめてみた

最近、ブログを再スタートさせたので、ネットに転がっているブログを継続させる方法ってのをまとめてみました。 習慣化は工夫すれば簡単 習慣化するのって難し

goldencircle

ゴールデンサークルから学ぶ!やりたいことを実現させる方法!

こんばんは! 今回は、サイモン・シネック氏(マーケティング・コンサルタント)がTEDで話した「優れたリーダーはどうやって行動を促すのか」から、「やりた

imayaru

「できる」か「できない」かではなく、「やる」か「やらない」かで結果が決まる

こんばんは! 最近、「オーディオブック」を聴き始めました!これはいいですね。ぼーっとしてても、音声が勝手に入ってくるので、本を読むよりも気軽に勉強がで

wordpress-logo

もっちさんのWordPress初心者講座に行ってみた

みなさんこんばんは。 もっちさん(鶴田浩之氏@mocchicc)のWordPress初心者講座に参加したので、感想書きます。 初心者から中級者らへんの

iStock_000005842878XSmall

3日坊主から抜け出そう!習慣化するための3つの方法

せっかく目標設定しても継続しなければ、達成できません。 始めてみたけど、3日坊主で終わるとか、急な予定が入ってやらなくなってしまう、とかとかいろいろ経

peterthiel

ペイパル創業者であり投資家ピーター・ティール。『ZERO to ONE』が面白かったので調べてみた。

空飛ぶ車が欲しかったのに、 手にしたのは140 文字だ 「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、 ただの140 文字や“永遠の15 分” を超えた未

shutterstock_164649104

頭が悪いなら起業しろ!社会のルールはトップ層で作られている。

こんばんは。 この前、僕が主催しているイベント「未来への一歩を踏み出す会」で、銀行員の方から懐かしい動画をシェアしてもらったので、今回はそのことを書い

Baby and a book

自己啓発地獄にハマらないための3つの注意点

自己啓発って、みなさんお好きですよね。笑 僕も昔はよく自己啓発書を読んでいました! しかし、自己啓発にハマりすぎるのは良くないのです。 今回は、自己啓

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

work
20代はモーレツに働こう!ハードワークの勧め

今回は、ハードワークを勧めるという、ブラック推奨みたいに捉えられかねないタイトルです。
社会人となったからには、成果をあげないといけません。給料を貰っているので当然ですよね。
若い内から成果をあげたい。
できる人になりたい。
そう考えているのであれば、できるだけ仕事を貰いましょう!
多少無理っぽくても手を挙げるようにしましょう!

nihondensan
営業マン必見のビジネス書!日本電産流V字回復経営の教科書

久しぶりにブログかいてます。 今回紹介する本は、「日本電産流V字回復の経営」です。 この本は、50数社のM&Aをしている日本電産がなぜ赤字会社

MIIDAS
転職マッチングサービス「MIIDAS(ミイダス)」を使ってみた

最近転職系のサービスを調べていたら、いろいろとサービスがあったので、
レビューを書いていこうかと思います。
今回は、株式会社インテリジェンスが提供している「MIIDAS」
『あなたの本当の価値を見いだす』
と、オヤジギャグ的なキャッチコピーです(笑)

failure
失敗しない人に成功はない

久しぶりの更新です。 ちょっと思ったことを整理するためにつらつらと書いていきます。 失敗ってネガティブな言葉に聞こえますよね。でも、それって本当に悪い

o2o-payment
O2Oで買い物体験は変わるのか!?来店ポイントアプリを調べてみた。

お買い物は好きですか? 来店するだけでポイントが貰えるということで、一時話題にもなった来店ポイント型アプリ。 その来店ポイントをベースに様々なビジネス